メニュー ホーム

必ずやらなくてはいけない、車検のあれこれ

やらなければいけない車検とは

車検とは、車を保有している人が車が製造されてから初めは3年目に、その後は2年ごとに必ずしなければいけない車のメンテナンスです。これをしないと違反となります。車検の時期の過ぎてしまった車は乗ることができません。車を持っている人は必ずしなければいけない点検です。車検を受けることによって、その後の2年はその車に乗ることが許されるというものです。そこで、その車の状態をみてもらい、悪くなっているところはないか、安全に走れる車なのかどうかをきちんと確認してもらうことが必要です。

車検はどこでできるの

車検はその車を買ったディーラーですることができます。ディーラーで毎回車検を行っていれば案内や通知が来るのでとても親切で便利です。しかし、その他にも自動車整備工場やガソリンスタンド、車の車検を主にしている会社など今はいろいろなところで出来るようになってきています。自分で信用のできるところ、信頼の出来るところを選んで納得して車検をお願いすることが大切となってきます。なかなか車の細かい部分までは素人には分かりません。きちんと見てくれるところにお願いしましょう。

車検はいくらくらいかかるの

今は車検を○○円でやります。などとうたっている店も多いです。しかし、それは基本的な車検を受けるだけのお値段です。そこに、その車の古くなってしまっている部品や壊れている部品、交換した方が良い部品などのそのものの値段、それを交換する工賃などがかかってくることになります。もちろん、車の使い方、乗っている距離などにもよりますが、年数を経れば経るほどどうしても交換しなくてはいけない物も増えてきます。しかし、常に定期的にメンテナンスを行うことでそれらも抑えることが出来るでしょう。

自動車を安全に運転するために定期的にする検査のことです。日常点検ではわからない様々な不具合が見つかることもあるので、車検はするべきです。

カテゴリー:未分類

admin